Jaco Pastorius Unofficial Websiteじゃこのめ

NEW! 2016年1月新サイトオープン。スマホ対応。→ JACOFAN.info<http://jacofan.info/

Topics ジャコのデビュー前の貴重な未発表音源集
大好評のアーリー・イヤーズ・レコーディングスの
続編が登場!!

2008年6月25日発売予定 Legendary Demo & Live Tracks

Legendary Demo & Live Tracks
HMV
| amazon | TOWER

SONG LIST

  1. Havona / Jaco Pastorius Demo (Jaco Pastorius)NEW!
  2. Kuru / Jaco Pastorius Demo (Jaco Pastorius)NEW!
  3. Continuum / Jaco Pastorius Demo (Jaco Pastorius)
  4. Tell Daddy / Woodchuck (Gerry Goffin / Carole King)NEW!
  5. Soul Intro / The Chicken / Jaco Pastorius & Word Of MouthBIGBand (Jaco Pastorius / A.J.Ellis)
  6. Portrait of Tracy /Jaco Pastorius Bass Solo (Jaco Pastorius)NEW!
  7. Mr. Fone Bone / Jaco Pastorius & Word Of Mouth BIG Band (Bobby Mintzer)
  8. Opus Pocus /Jaco Pastorius Demo (Jaco Pastorius)
  9. The Chicken / Woodchuck (A.J.Ellis)NEW!
  10. Balloon Song / Jaco Pastorius Demo (Jaco Pastorius)
  11. Liberty City / Jaco Pastorius & Word Of Mouth BIG Band (Jaco Pastorius)

販売元 : ビクターエンタテインメント
商品番号 : VICJ-61566

『Legendary Demo & Live Tracks』
Jaco Pastorius

ADLIB (アドリブ) 2008年 07月号 [雑誌]
ADLIB 2008年7月号に特集ページと新譜レヴューを掲載。

jazz Life (ジャズライフ) 2008年 07月号 [雑誌]
特集「よみがえるジャズ偉人伝説」の第二特集で取り上げられています。

ベース・マガジン (BASS MAGAZINE) 2008年 8月号 [雑誌](CD付き)
ベースマガジン2008年8月号でも、熊谷美広さんのカラー特集記事が掲載されています。
≪このジャコの伝説的な未発表ライヴ&デモ・テープを聴くと今もそのサウンドが新鮮な輝きを放っており、それぞれの曲におけるジャコの存在感が際立っていることに驚かされる。ジャコ・フリークはもちろん、これからジャコを聴こうとするリスナーにとっても、これは比類ないベース・プレイと心をうつ曲が詰まったトラック集だ!≫

収録トラックは19歳の時に結成した自己のトリオ“Woodchuck”の1970年のライヴにはじまり、初出の<ハボナ>、<クル>など74年に録音されたソロ・アルバムのためのデモ音源を中心に、82年6月ニューヨークでのワード・オブ・マウス・ビッグ・バンドの演奏など初出5曲を含む最も旬なジャコの魅力を記録している

82年のワード・オブ・マウス・ビッグ・バンドの音源(#5、#7、#11)は日本で行われた伝説的なライヴ、オーレックス・ジャズ祭の3か月前に、ニューヨークで行われたクールジャズ祭のライヴで、メンバーも『Twins I&II』とは違う未発表バージョンとなっている。(※)

生前に自身の名義で発売されたアルバムはスタジオレコーディング2枚とライヴアルバム1作品と寡作だったため、その後に発表された音源は全て大きな話題になる。彼の存在はジャズ界のみならず音楽界全てに大きな影響を与え、その天才的な音楽性と卓越したテクニックで注目を集める一方、その数奇な運命によって伝説化されている。

※#5, #7, #11のライヴ音源は、公式には今回の収録が「世界初」になりますが、ヨーロッパでこのコンサートの一部が海賊盤として制作され、3年前に『Live in New York』のアルバム名で日本にも輸入されています。

監修:ADLIB編集長 松下佳男



Legendary Demo & Live Tracks / Jaco Pastorius
<Personnel>

#1
Jaco Pastorius (bass guitar) , Alex Darqui (keyboards) , Bobby Economou (drums)
Criteria Studio in Miami , August ,1974

#2, #3, #10
Jaco Pastorius (bass guitar) , Alex Darqui (keyboards) , Bobby Economou (drums) , Don Alias (percussion)
Criteria Studio in Miami , August ,1974

#4, #9
Jaco Pastorius (bass guitar) ,Billy Burke (organ) , Bob Herzog (drums, vocal*)
Live at The Flying Machine in Ft.Lauderdale,1970
*--#4のみ

#5, #7, #11
Jaco Pastorius (bass guitar), Don Alias (percussion), Randy Breker (trumpet), Peter Erskine (drum), Bobby Mintzer (sax), Othllo Molineaux (steel drum), Toots Thielemans (harmonica), Lew Soloff (trumpet), Jon Faddis (trumpet), Ron Tooley (trumpet), Wayne Andre (trumpet), David Bargeron (tuba), David Tyler (trombone), Bill Reichenbach (bass trombone), Mario Cruz (sax, clarinet, flute), Randy Emerick (sax), Aran Luvin (sax, trumpet), Frank Wess (sax, oboe), Peter Gordon (french-hone), John Clarke (french-hone)
Live at Kool Jazz Festival in New York ,June 27 ,1982.

#6
Jaco Pastorius (bass guitar)
Live at Berlin Jazz Days in Germany, November6,1976

#8
Jaco Pastorius(bass guitar) , Alex Darqui (keyboards) , Bobby Economou (drums) , Othello Molineaux (steel drums) , Sir Cederik Lucious (steel drums) , Don Alias ( percussion)
Criteria Studio in Miami , August ,1974

ボーズ・オンラインストア